リスティング広告の不正クリック対策ツールX-log 広告費用の削減可能な日本唯一のツールです
X-log Ver2 不正クリック対策ツール
お問い合わせフォーム
資料ダウンロード

  • HOME
  • 不正クリック対策ツール X-logとは
  • 料金・お支払い方法
  • お申込から導入までの流れ
  • お客様の声
  • メディア掲載実績
  • 会社情報スタッフ紹介
7日間 無料お試しサービスお申し込み
お客様の導入事例
よくいただくご質問
不正クリック診断サービス
不正クリック対策ツール X-log TOP >  単価の高いキーワードのコンバージョン率が非常に低い

導入背景 | 単価の高いキーワードのコンバージョン率が非常に低い

case01
case03
case02
case04
 
case05

単価の高いキーワードのコンバージョン率が非常に低い。

クライアント様のお悩み

いろいろなキーワードでリスティング広告を出稿していますが、単価の高いキーワードからコンバージョンされる割合が低く広告費を無駄に消費しているのではないかと疑っています。

同業他社も同じキーワードで出稿し、掲載順位の上位を争っているのである程度の広告費の消耗は覚悟をしていますが、費用対効果から見るとあまり良い状態ではありません。

このキーワードでの出稿をあきらめればよいのですが、ウチの業界のメインのキーワードなのでそういうわけにもいきません。
何か良い方法はありますか?

X-log導入による解決

通常、単価の高いキーワードは、検索されやすく広告が表示されやすいため、お客様になり得ないユーザーもクリックする可能性が高いことからコンバージョン率は低くなってしまうことが多い傾向にあります。

ただし、一人のユーザーが多くクリックしている場合は、不正クリックの可能性が高いです。

X-logでは、同一ユーザーが何回クリックしているのか、ユーザーと思える人がどのようにページを見ているのかを確認することができます。

例えば、初めに単価の高いキーワードでサイトにやってきても、後日、別のキーワードでコンバージョンをしている、ということも考えられますので、先ずは現状を確認してください。

不正クリックを確認したら、X-logの機能を利用したり、広告の出稿を工夫することで、対策をとることができます。

X-logの無料体験をお申込み
お電話03-6272-9383
不正クリック診断サービス
© 2009-2016 Japan Cloudia Inc.