リスティング広告の不正クリック対策ツールX-log 広告費用の削減可能な日本唯一のツールです
X-log Ver2 不正クリック対策ツール
お問い合わせフォーム
資料ダウンロード

  • HOME
  • 不正クリック対策ツール X-logとは
  • 料金・お支払い方法
  • お申込から導入までの流れ
  • お客様の声
  • メディア掲載実績
  • 会社情報スタッフ紹介
7日間 無料お試しサービスお申し込み
お客様の導入事例
よくいただくご質問
不正クリック診断サービス
不正クリック対策ツール X-log TOP >  不正クリック対策機能

X-logとは 主な不正クリック対策機能のご紹介

X-logの特徴

高度なアクセス解析技術

X-log独自の高度なアクセス解析技術を用い、不正クリックを見つけ出し、対策を行う日本で唯一の不正クリック対策ツールです。

一般的なアクセス解析ツールはIPアドレスやブラウザのクッキーをベースにした解析を行うため、IPアドレスが変更され、クッキーが削除されると、正確な解析ができなくなってしまいます。

X-logユーザー様の実際の平均値ですが、IPアドレスを変更して再アクセスするユーザー、ブラウザクッキーを削除して再アクセスするユーザー共、全ユーザーの3割~4割もあるのが現状です。

X-logは独自の解析技術により、IPアドレスやブラウザのクッキーに頼らない解析を行っています。

IPクッキー削除

不正クリックとは?

不正クリックとは、リスティング広告を不正に何度もクリックをして、無駄に広告費を消費させる行為を指します。

単に競合他社の広告を毎日少しずつクリックする場合もありますが、リスティング広告の順位が自分より上の広告をクリックし、1日の(または月の)予算を消化させることで自分の広告順位を上げるなどの明確な目的を持っている場合もあるようです。

X-logユーザー企業様の実績値では、広告全体の10%~30%が不正クリックだったという企業様が多く、アメリカの調査機関の数値では、37%が不正クリックという統計もあります。

不正クリックとは?

世界で使われているX-log

世界で約4,000社、日本でも約200社が利用しています。

1か月のリスティング広告予算が10万円を超える企業様や、リスティング広告のクリック単価が300円以上するような広告を出している企業様を中心にご利用頂いています。

X-logの不正クリック対策

リスティング広告をクリックしたユーザーを詳しく解析

IPアドレスの変更やクッキーの削除に左右されず、一人のユーザーが広告をクリックしている回数や時間、コンバージョンの有無など多数の項目をリアルタイムに解析します。

不正クリックの主な対策

不正クリックをしているユーザーを見つけたら、警告メッセージを表示、アクセス遮断、Yahoo!リスティング広告やGoogleAdwordsへの返金請求のための資料出力など、いろいろな方法で対策をとることができます。

リスティング広告の返金請求

実際に広告費が跳ね上がり、明らかに不正クリックが疑われる場合でも、媒体側にわかる形で説明をしないとほとんどの場合、返金請求は断られてしまいます。

X-logでは、不正クリックが発生していることをレポート化し出力することができます。
もちろんこのレポートを使っても返金請求が必ず行われるわけではありませんが、何もないよりは明らかに高い確率で返金されています。

不正クリック対策の効果

広告費を10%~30%削減!

X-logで遮断などを行うことにより、不正クリックが減っていき、10%~30%のリスティング広告費用の削減が見込めます。

広告費用が50万円であれば、5万円~15万円、100万円であればその倍。
リスティング広告の予算が10万円という企業様でも、X-logの料金分は広告費を削減できている企業が多いです。
広告費を10%~30%削減!

広告効果を高める!

とは言え、X-logで広告費用を削減するよりは、広告費用は現状のまま、不正クリックの無い状態でより多くの広告を出すことをお勧めします。

今まで出していなかったキーワードに出稿したり、今まで5位だった広告の表示順位を1位に上げてみるなど、広告の露出を高め、コンバージョンの割合を高めることで、より多くの売上を目指しましょう。

広告費削減効果例

不正クリック対策機能 お客様の声

X-logの無料体験をお申込み
お電話03-6272-9383
不正クリック診断サービス
© 2009 Japan Cloudia Inc.