リスティング広告の不正クリック対策ツールX-log 広告費用の削減可能な日本唯一のツールです
X-log Ver2 不正クリック対策ツール
お問い合わせフォーム
資料ダウンロード

  • HOME
  • 不正クリック対策ツール X-logとは
  • 料金・お支払い方法
  • お申込から導入までの流れ
  • お客様の声
  • メディア掲載実績
  • 会社情報スタッフ紹介
7日間 無料お試しサービスお申し込み
お客様の導入事例
よくいただくご質問
不正クリック診断サービス
不正クリック対策ツール X-log TOP >  企業分析・ユーザー名_企業名特定

企業分析・ユーザー、企業名の特定

サイトに来ている人がどこの誰だか、判らないのがふつうって思っていませんか?

実は、判ります。

ユーザーがサイトを見ている時間が、「たった1秒」だったとしても、どこの会社の人が何を探してサイトに来たのかがわかります。

この情報がわかると、今までの営業のやり方が全く変わってきます。

例えば、上場企業のA社が、「複合機 値段」や「複合機 福岡」などと検索語を入れてサイトを訪問したというX-logの解析結果があった場合、A社は「複合機のコスト削減のため、入れ替えを検討している」とか(福岡に事務所が無かった場合)「新設する福岡の事務所で複合機の導入を考えている」と想定することができます。

あくまでも想定ですが、実際にその企業が仕事中に検索した結果ですので、確度の高い想定です。
この想定があるかないかで、営業の確度も変わってくることは間違いありません。

上記はほんの一例ですが、通常、小さい企業様でも1か月で数十の、大きい企業様だと1か月で数百の企業名を解析することが可能です。解析した企業の中には既存のお客様も入っていますが、取引のない(または以前取引があった)企業も含まれているはずです。

通常、アクセス解析ツールでは何回かサイトに来たユーザーを「見込み顧客」と判断しますが、この「企業分析」では、1回しかサイトに来なくても、1秒しかサイトを見ていなくても、訪問の内容によって有力な見込み顧客となります。

営業会議の時間の中でX-logを見ながら営業担当にアタックする企業を割り振ったり、X-logで企業リストをレポートとして出力して毎週営業マンにメールしたり、使い方はいろいろです。

一度X-logの企業分析機能をお使いください。

企業分析

拡大

企業分析

拡大

企業分析機能 お客様の声

X-logの無料体験をお申込み
お電話03-6272-9383
不正クリック診断サービス
© 2009 Japan Cloudia Inc.