リスティング広告の不正クリック対策ツールX-log 広告費用の削減可能な日本唯一のツールです
X-log Ver2 不正クリック対策ツール
お問い合わせフォーム
資料ダウンロード

  • HOME
  • 不正クリック対策ツール X-logとは
  • 料金・お支払い方法
  • お申込から導入までの流れ
  • お客様の声
  • メディア掲載実績
  • 会社情報スタッフ紹介
7日間 無料お試しサービスお申し込み
お客様の導入事例
よくいただくご質問
不正クリック診断サービス
不正クリック対策ツール X-log TOP >  広告費払い戻しリクエストについて

払い戻しリクエスト - リスティング広告の返金について

Yahoo!リスティングやGoogleアドワーズといったリスティング広告は、表示された広告がクリックされるごとに支払うべき広告費が加算される仕組みとなっています。
Yahoo!、Google、各社が、不正クリックの対策をとっていますが、そこでカバーしきれない不正クリックは多く発生しているのが現状です。
そして、そういったクリックには広告主側に支払い義務が発生してしまうのです。
 
しかし、しっかりとしたアクセス解析を行い、その中に不正クリックがあることを証明出来れば、支払った広告費の一部を払い戻ししてもらえる場合があるのです。
 
「X-log」は、yahoo!やGoogleにそんな払い戻しを依頼するためのレポートの作成機能を、日本で唯一搭載しているツールです。

払い戻しリクエスト の方法と手順

①レポート出力ボタン

X-logでは、不正クリックレポートの出力ボタンを搭載していますので、そこから簡単にレポートを出すことが出来ます。

①レポート出力ボタン

②レポートの出力画面

Yahoo!リスティング広告か、GoogleAdwordsかを選択し、不正クリックの基準回数を入れるとレポートが出力されます。

②レポートの出力画面

③レポートの出力

不正クリックがあったことを示す根拠となるcsvファイルが出力されます。

③レポートの出力

④レポートの送付

払い戻し請求のノウハウが入った返金請求用の資料を準備していますので、マニュアルに従い送付メール内に必要事項を記入し、不正クリックレポートを添付の上、メールを送ります。

③レポートの出力

⑤払い戻しリクエストの承認 → 返金

それぞれの媒体で、返金が承認されるとアカウントに対し、返金されます。

③レポートの出力

過去「X-log」で作成したレポートを証拠として提出することで、1ヶ月で150万円支払っていた広告費のうち65万円分を不正クリックとして報告し、その結果15万円が戻ってきた例もあります。
 
払い戻し請求を行っても証拠不十分で1円も返還されない場合がほとんどの中、請求額の約23%でも実際に返還されるのは、実は非常に高い数値なのです。
これは当社の「X-log」で作成したレポートが、不正クリックの証拠としてyahoo!やGoogleに認められていることに他なりません。
 
あまりにも不正クリックによる支出が多い場合は、警告やアクセス遮断などの措置と共に、ぜひ払い戻し請求にも使える「X-log」のレポート作成機能もご活用ください。

X-logの無料体験をお申込み
お電話03-6272-9383
不正クリック診断サービス
© 2009 Japan Cloudia Inc.